志なき大臣たち

武漢ウイルス事件で、高い評価を得ている知事がいて心強い。
今日の日経では①大阪府吉村知事②東京都小池知事の順に評価が高くなっている。
この評価を盛り上げているのがウイルスで毎日のようにTVに出てくる大臣である。
西村経済再生担当相は、対策解除の大阪基準に対し、吉村知事が誤解していると非難しているが、
その論旨は分かりにくい。地方知事の分際でお国を無視して、俺様の仕事にケチをつけたというのではないか?
加藤厚労相は、37.5°C4日間継続という病院受け入れ基準でこれは目安であると何度も発言してきたとのこと。
一度も目安ということは聞いたことがないし、保健所側も受け入れにこれを持ち出して断り、現実に基準の運用が
なされてきた。この「目安?」のため助かる命を失った人もいる。
加藤氏はこれで非難を浴びるのを避ける狙いで「目安?」ということを言い出したのだろう。
ご両人とも国民に対し素直でなく、単なる言葉のアヤで非難を避けようとしている。
国民の生命・生活を守るという視点が欠落しているのは、その志が低く
単なる保身・名誉心が先立つのだろう。
西郷隆盛が「命も金も要らない者が一番強い(間違っているかも)と言ったが
吉村知事は本当に府民のためを考えているからこそ、国民の心をつかんでいるのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント