トランプの帰る国は、ドイツかスコットランドか?

トランプの父は、1885年ドイツから、母は1930年スコットランドからの米国移民とのことだ。 トランプに批判的な民主党議員は母国に帰れとわめいているそうだが、いずれ選挙で負ければ政権を強烈に批判するだろう。 その際は、自らの主張に従い、すごすごとドイツか、英国に帰るのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏の帰る国は?

トランプ氏が民主党非白人議員に元の国に帰ってはどうかと発言した。 もともとアメリカは非白人国であるから、先住民はトランプ氏に母国に帰ってもらうよう 説得してはどうかと思う。 わずか3,4百年の歴史しかないアメリカだから、トランプ氏の先祖がどこから来たか分かるだろう。 トランプ氏は自説通り母国の英国、アイルランド、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍氏のリトマス試験紙荻生田幹事長代行

荻生田氏がホルムズ海峡に直ちに自衛艦を派遣することはないと発言した由。 この人は消費税増税延期して衆参同時選挙をするべきだと発言したことがある。 国政に関する重要発言を代行が軽々しく発言したことに疑問をもっていたが、 今回自衛艦の派遣についての発言でいよいよ安倍氏のリトマス試験紙役を担っていると思うようになった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

資格のない米国に仲介を頼む韓国

日本の対韓輸出規制解除を狙いにを米国に仲介を依頼したとのこと。 自動車さえも安全保障を理由に輸入規制をかける米国には、 今回の日本の化学品輸出規制を解除するよう仲介する資格がないのは明らかではないか? 今の処米国は仲介する気はないようだが、もし乗り出せばどのような論理を展開するのだろうか興味がある。 もっともなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警視正でも悪いがお金が欲しい。

警察官昇格試験対策問題集の原稿執筆料を隠れて1500万円貰っていた警視正らが処分された。 しかるべく報告承認を得ておれば問題がないのに何故不正をするのだろうか? 黙って金もうけすることの方が、業者よりの謝礼額が多いのだろうか? あるいは警察内部で執筆を遠慮せよとのご指示があったのだろうか? 責任をとって辞任を仄め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルムズ海峡安全対策に米国有志連合とは笑える

イランとの核協定を勝手に離脱してイランをいじめながら、海峡が危険になったとして、海峡を輸送路にしている 国に対し有志連合に参加せよと米国が言い始めたとのこと。 この腕力だけ強い、ならず者国は実に勝手な国である。 イランをいじめることに何の大義もなく、米国に頼るイスラエル・サウジによい顔をして、選挙民に喜んでもらいたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回参議院議員選挙の争点にしてほしい事項

歳をとったせいか①面倒なこと②好ましくないこと に触れるのを嫌うようになった。 例えば①プロ野球のひいきチームが負けそうになる②ゴルフで応援選手が韓国選手に負けそうになる などの場合、TVを切る、録画を消去するなど。 今回参議院選挙でも国政の重要事項が争点化されずに、消費税増税を廃止せよとか専ら国民の身近な損得に結びついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙制度

7月21日投票日に行けないことはないが、ついでに投票に行った。 候補者には一度もお会いしたことなく、結局政党のスローガンの良し悪しで判断するしかなかった。 村会議員選挙のように人柄が分かることはないのだから、すべて比例代表制にした方がよいのではないか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正々堂々たる外交を:大人げない対韓禁輸措置

徴用工問題の韓国対応が気に入らないとして、半導体材料の禁輸措置が実施される。 安倍氏はトランプ氏を気取りたいのか子供じみている。 正々堂々と国際司法裁判所で韓国の非を糺すべきである。 韓国が裁判に応じなくても、中国が応じなかった南シナ海での領有権問題でフイリッピンが勝訴したように 日本の主張が認められればよい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏越しの祓

今日は今年の前半の終わりの日。 豪雨の中、近所の元郷社に参詣した。 茅の輪がしつらえており、作法に従い半年の汚れを祓い茅の輪をくぐった。 「水無月の 夏越しの祓 する人は 千歳の命 延ぶと言うなり」 という歌を口ずさみ茅の輪を8の字にくぐる。 ご先祖様も同じ思いでくぐったのだろうか? 豪雨の中古い意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金を増やす打ち出の小槌はある

安倍氏は国会で「打ち出の小槌はない」と見えを切ったとのこと。 安倍氏はかまととぶって、知らない振りをしてはいけない。 打ち出の小槌は安倍氏がいつも頼りにしている日銀の国債発行である。 ドンドン借金を増やして年金に充てていけばよいのは、安倍氏の方針である。 何をいまさら、何故見えを切っているのかと笑えて来る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏の日米安保条約破棄に賛成

トランプ氏が日米安保条約を破棄したがっているようだ。 米国が破棄してくれることは、日本の自主独立に道を開く絶好の機会である。 戦後74年、米国の属国的地位に甘んじてきた我が国だが、ならず者国家から離れて 自ら国運を判断して歩んで行くことができる。 ならず者に付き合っていいことはない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ならず者国に変質した米国

自国第一主義を掲げる米国は西部劇のならず者に変質してしまった。 民主主義・公平などの理念の権化としてある程度世界に尊敬された国が、トランプ氏によって ならず者に変質したようだ。 オバマ氏が折角築いた条約・協定を自ら弊履のごとく打ち捨て、、もっぱら自らの利益獲得を主張する姿は 何やら戦前のドイツ総統を思い起こさせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川逃走事件での2人の警官

逃走男は捕まったが、検察はトップがTV会見で謝罪した。 しかし2人の警官が検察事務官と同行し、収容に赴き、犯人が刃物で威嚇したのに何もせず 逃走させたにも拘わらず、神奈川県警は何の謝罪もしていない。 もともと危険だから警察官が同行しているのに警官のお役目も果たせず、逃走を見過ごした県警の方が 今回事件の責任は重い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦前の日本に似てきた米国

戦前の日本は謀略が得意で大義なき戦争を始めて自滅してしまった。 戦後の米国もベトナム戦争(トンキン湾で米国艦艇へのベトナムの雷撃事件捏造) イラク戦争(欧州はイラクに核兵器はないと米国に説諭したが、無視して開戦。 結果も核兵器は見つからなかった。)など謀略の基で大義なき戦争を始めて ベトナム戦争では大変な犠牲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老後2000万円?

金融庁は年金以外に老後ために2000万円必要とレポートして、与野党から批判を浴びている。 しかし、老後のために預金をしておく必要はないのではないか? 日本には世界に誇る生活保護制度がある。 勿論贅沢はできないが、そこそこの生活ならば保護費を受けて暮らすことが可能である。 何故このようなレポートを出したり、問題視し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生氏:報告書を受け取らない?

老後に2000万円必要との金融庁の報告を、麻生氏は受け取らないと発言した。 組織に長年属した者として、この発言は奇異な感じがする。 もともと組織の長は、配下の仕事を管理しているはずなのに、仕事の内容が世間受けしないことが 分かると「自分は関係ねえよ」と逃げ出しているようだ。 この仁は配下の仕事を管理していないか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自立心ゼロの元次官長男

死者に鞭打つのはよくないが、父により殺害された元次官長男(44)は 「俺の人生は何なんだ」と言っていたとのこと。 経済的に恵まれ、次官まで出世した父を誇りにしながら、母親に暴力を振るうことに快感を覚えていたそうだ。 おそらく自分の食い扶持を稼いだこともなく、周囲に迷惑を振りまいた人生は別に 自問しなくてもよく分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根本厚労相さん。何が言いたいのですか?

NHKニュースで根本氏が、川崎市での小学生ら殺傷事件や元次官の息子殺害事件について 「安易に引き籠りと結びつけるのは慎むべき」と発言したとのこと。 川崎市事件では同居親戚が犯人を、元次官は息子が引き籠り状態であったと発言している。 根本氏は原因の一端が引き籠りであることが何か不都合なのだろうか? それとも同居者以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー・パンダ杯で優勝チームがトロフィーを踏みつけて記念写真

優勝した韓国チームがトロフィーを踏みつけ、周りの選手が哄笑している写真が載っていた。 なかには放尿する真似をした選手もいたようだ。 韓国サッカー協会は激怒する中国に対し平謝り。「幼稚な選手たちによる失望した行為」としている。 この大会は18歳以下の選手によるものなので、このチームの選手も17,18歳と思われるが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人げない韓国産水産物への検査強化

福島産ホタテの韓国での輸入規制がWTOで認められた腹癒せに韓国産ヒラメ・ウニなどへの 輸入検査を強化するとのこと。 表面的には健康上問題があるのでという理由だが、唐突な検査強化はやはりWTOで負けた腹癒せなのだろう。 大人げない。 国際法上認められた韓国主張に対し、外交上の失敗を糊塗したい政府の対応は 品が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3度おいしい消費税増税延期:ソノウチナントカナールダロウ♪

いよいよ安倍氏が衆参同日選挙を実施する動きが出てきた。 トランプ氏の訪日、6月G20大阪サミットなどの外交的成果を挙げて政権の維持拡大に 向けた同日選挙が実施されそうな雲行き。 その際国民へのおいしい飴は増税延期である。 安倍氏はリーマンショック的不況が来ない限り増税実施としているが、前回も国際会議で各国首脳を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境は熟した:安倍総理はやく消費税増税延期宣言を!

景気悪化の指標が出た。リーマンクラスの不況ではないが、前回と同じくリーマン級と言えばよいのだ。 野党は一斉に延期を主張しているし、首相の支持率も上がっている。 1000兆円を超える借金があっても誰も気にしていない。将来国民が返せばよいのだ。 憲法改正・北方領土問題など未解決な問題は多い。 4選・5選でも消費税増税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

維新:丸山議員除名は当然

北方領土問題で維新の丸山衆議院議員が酔っ払って「戦争で取り戻すこと」という発言に対し、 維新が除名処分したことは当然で時宜を得たものである。 この発言は微妙な日露関係の中で国会議員が知能レベルの低いふざけた発言をしたことで 著しく国家に迷惑をかけた。 この程度の人間を議員にした維新の鼎の軽重を問われることであり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猿芝居:ういやつ 萩生田!処分なんかしない。

安倍氏の子分である萩生田が、安倍氏の表面的な方針に反対する消費税増税延期を発言した。 本来なら自分の方針に反する発言をしたことに対し、処分をする必要があるのに、その声は聞こえてこない。 当然だ。子分は親分のために泥を被って親分に尽くし、親分は自分が公式には発言しにくいことを 言ってくれた子分にはほとぼりが醒めた頃に功を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ消費税増税延期の布石を打ち始めた安倍氏

そろそろ増税延期を臭わすのではないかと推測していたが、いよいよ始まった。 昨日安倍氏の側近とされる党幹事長代行萩生田幹事長代行が「増税で景気が悪化すれば元も子もない。 その場合国民の信を問う選挙を実施する。」と発言した。 菅官房長官は「消費税増税はリーマン級不況が来ない限り実施する方針は変わりはない」と 萩生田氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労相:介護保険料の不足は他人事ではないよ!

厚労相は所管団体のミスにより、200億円の介護保険料不足徴収したことについて、 「遺憾である」と他人事のように述べた。 今更ながら厚労省の無能・無責任体質に驚かないが、大臣たるものが所管団体のミスを 自分のミスと捉えず遺憾であると自分が迷惑を被ったような発言をすることに、 改めてトップ以下の無責任・無能体質を観る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘘に理解を示す安倍氏

塚田氏が忖度発言は嘘であったと弁明したことに、安倍氏は理解を示し、続投させるとした。 消費税増税を二度も延期し(三回目も間近い)その際「新しい判断だ」として、約束を違えたという 非難を糊塗したのだから嘘つきとか約束反故などには理解を示すのは当然である。 追記 忖度議員は副大臣を辞任するとのこと。 昨日まで本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元号は天皇が決めるべきだ

本日新元号が発表される。 ここ数日新聞では決定過程の説明が詳しく解説されているが、何となく違和感があった。 多分天皇と元号は一体であるべきだという感覚のせいなのだろう。 天皇が元号を決めることは、天皇の憲法の国政に関与に当たるという政府見解で元号は政府が決めるという ことだが、元号決定は国政に関することなのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さまよえるイギリス人

スペイン無敵艦隊撃滅後第二次世界大戦まで世界の海と陸を支配した英国はEU離脱問題で 国論を統一できない3流国になってしまった。 この国は未だ貴族層が支配する国体だが、貴族層が衆愚的になってしまったようだ。 衆愚にEU離脱を単純な形での賛否を問わせ、(離脱賛成派のリーダーは嘘をついてまで衆愚をだまし あとは知らぬ顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税「新しい判断」夏に再登場?

本日の日経に「国会日程まどで10月消費税増税を延期することは困難だ」という発言の記事があった。 しかし、多分直前に増税は延期されて、増税を当てにした幼児教育無償化などの増税対策2兆円は 実施されることになるだろう。 景気も好都合に悪化傾向にあり、リーマン級の景気悪化がなくても悪化を理由に増税延期をし易い。 夏の参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対韓国関税値上げよりも国際司法裁判所に訴えるべきだ

徴用工訴訟の判決で日本国会社の資産の差し押さえ手続き中の韓国に対し 韓国政府が日本の要請に応じない対抗として関税を引き上げるとの報道があった。 米中のような横道にそれたことで仕返しをする無法国のようなことはせず、 竹島・慰安婦・徴用工問題などの懸案をすべて国際司法裁判所に提訴して解決すべきである。 韓国が応じなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IS戦闘員の妻

英国でISの思想に共鳴し、出国後IS戦闘員の妻が英国に戻りたいという希望は、英国の拒絶にあって 叶えられず、その子が病気で亡くなり、政府に責任ありと非難されているとのこと。 ISの極悪非道・残虐性に共鳴して戦闘員を支援した(或いは自ら戦闘に参加したかも知れない)国民が いざISの旗色が悪くなり消滅しかけている際に、安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019.03.05城南宮

晴天。 知人の指摘で、城南宮にある灯篭3基は大小とも均整を考慮しないことに気付いた。 紅白の梅花に囲まれた特大の灯篭につき駄句。 「無骨なる 灯篭囲む 紅枝垂れ」 「神将に 仕える采女や 宮の梅」(院政の頃を想像) この世のものと思われない紅白の枝垂れ梅は、その場を立ち去り難く思わせた。 「夢現(ゆめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ氏の対応に賛成

今回はトランプ氏は人気取りのため金氏に妥協するのではないかと危惧していたが、 幸い金氏の要求をはねつけた。 よかったと思う。 半島民族は南北共に約束を弊履のごとく打ち捨てる積弊がある。 金氏は今回は表立っては段階的な核放棄を約束し、経済封鎖を解除してもらって、核は放棄しないという 得意の戦術をとるのかと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省統計問題:組織的隠蔽の方がましだ

調査委員会のレポートでは、局長クラスは関与せず、下っ端がやったことらしい。 組織的隠蔽ではなかったとしたら、厚労省は組織的統一体ではなくて、好き勝手に 部下がさぼったり、不正をしたりする組織ということではないか? 局長クラスは単に木偶の坊的に部下に乗っかっているだけであることが分かった。 まだしも組織的に不正をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春告鳥

今年も3日程前から鶯の声が聞こえるようになった。 散歩していたら鶯の鳴き声に似た声が聞こえて来たような気がしたが、正調鶯節には未だ遠く、 幼鳥のようだった。 気が付けば、近所の庭先の枝垂れ梅が満開近くなって来た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費増税という言葉

この言葉は「消費増に対する課税」という意味なので、税率増は消費税増税という言葉が正しいと思っていた。 ところがどの新聞も消費増税という言葉を使っていて、自分の解釈が間違っているのかと気にしていたが 今日の日経では「消費税増税」と表現していたのでほっとした。 所得税増税でも、新聞は所得増税というのだろうか? 加えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイト・テロ

バイト・テロが多発というニュースがあった。 大戸屋・コンビニ等観ていて気持ち悪い。 ①幼稚・低脳若者の悪ふざけ②食品を粗末にする低品性。 コメンテーターなどは、①ふざけ若者の責任と②低賃金採用の店の責任双方を指摘していた。 しかし、雇用契約を守らない若者に100%責任がある。店が気に入らなければ 馬鹿者は店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省統計問題委員長樋口氏は木偶か?国民を愚弄するな!

偶々国会中継を見ていたら、問題の樋口氏が野党からの質問に答えていた。 野党の質問は第三者委員会の第三者性に関するもので、「組織的関与は認められない」とのお墨付きを 与えた委員会で、役人に何故関与させたのかというもの。 厚労省官房長が樋口氏に代わって答えて、すぐ質問者から出しゃばりを非難されて謝罪するなど 国会の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省統計問題特別監察委員会委員長樋口氏

委員長の樋口氏は大学教授を経て色々な政府機関の委員になった人物。 今回問題の究明に当る第三者委員会の長を委嘱され、調査委員会の報告書を提出した。 しかし、この委員会は厚労省の筋書きに沿って「組織的な関与はなかった」という結論を導き出すだけの 委員会であったようだ。 第三者委員会制度に見識のある人物から凡そ第三者委…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼りない根本厚労相

杜撰な統計問題で第三者委員会を立ち上げたのはよいが、委員の構成は厚労省所縁の人物であったり 幹部への聞き取りには省の官房長を同席させて威圧させたりと杜撰な第三者委員会を無意味にしてしまった。 根本氏が引き起こした問題ではないが、実態究明は根本氏が行政権を行使して適正な運営を図る義務がある。 全く官僚任せにしていて、無能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国は準仮想敵国になりつつあるのでは?

軍艦旗掲揚自衛艦入港拒否、火器管制レーダーの自衛隊機照射、自衛隊機の韓国海軍艦艇への 接近(?)非難声明などなど最近の韓国は最早日本の協調関係(北朝鮮に共同して備える)から 日本を敵視まではいかないが、準仮想敵国と見做すようになって来たのではないかと思えてきた。 いずれ米軍に対しても入港拒否、レーダー照射をする時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政権は内閣に属す

内閣は行政権の行使について国会に対し連帯して責任を負う。 以上は日本国憲法の条文。 安倍氏の下で、嘘つき官僚を長官に引き上げたり、基幹統計を無責任係長が独断専行して 自分の仕事を楽にさせたり、都合の悪い自衛隊の日報を隠したりと公務員の志操劣化が目立つ。 所詮多数派から選ばれた内閣総理大臣だから気楽なものだろうが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100年以上変わらない朝鮮の積弊

「(朝鮮は)どのような約束を結んでも背信・違約は彼らの持前であって少しも気にすることがない」 という文章は自民党右派の発言のように思えるが、実は1897年福沢諭吉が時事新報に載せた見解である。 朝鮮は100年以上前と少しも変っておらず、民族的痼疾であるかのように思う。 1910年の朝鮮併合はその13年後であった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国海軍の写真公表(日本哨戒機の近接)は何故遺憾なのか?

自衛隊機が韓国海軍艦艇に接近飛行をしたことに対し、韓国海軍は威嚇だとして写真を公表した。 菅長官は写真の公表は遺憾だとの声明を出したが、何故遺憾なのだろうか? 威嚇飛行をするほど自衛隊機が近接しているなら謝罪の必要がある。 自衛隊関係者は近接していないと言っているが、公表された写真に何の反論もせず 遺憾だというだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

婚姻は両性の合意のみにて成立し

内親王の婚姻について騒がしい。 皇族と雖も基本的に憲法に従うべきであるという立場をとると、周囲があれこれ発言するのは如何なものかと 思う。 内親王だから基本的人権は不要というような動きは不可解である。 旧民法では婚姻は家長の同意が要ったが、何か戦前に戻ったような感がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚労省統計問題

調査委員会の報告では、担当係長が独断専行で手法を変更し、その後の担当者と上位者はこれを 極自然に踏襲していたとのこと。 それぞれに無責任極まるが、懲戒は重くて減給処分である。 これほど国政に与えた影響が大きいのに、独断専行係長が減給で済むのなら、公務員はおいしい仕事である。 無責任係長でも何か月かの減給で済むなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国海軍レーダー照射事件

防衛省はレーダー音の公表で今回事件の幕引きを図った。 これ以上議論しても進展がないし、今後も韓国と同一民族である北朝鮮の脅威に備えるため韓国 海軍との協調を維持する必要があるとのこと。 やんちゃを隣のおじさんに咎められたひねくれ幼児のように意味不明の反論をする韓国に対し 大人の対応と思う。 しかし、韓国と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019.1.7鶯鳴く

毎年恒例の神社参拝。山登りの後厄神さんへ。 厄神さんの手前で鶯の鳴き声が聞こえた。 幼鳥の練習ではなくて成鳥。 今年は蝋梅も梅も早い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more