サッカー・パンダ杯で優勝チームがトロフィーを踏みつけて記念写真

優勝した韓国チームがトロフィーを踏みつけ、周りの選手が哄笑している写真が載っていた。

なかには放尿する真似をした選手もいたようだ。

韓国サッカー協会は激怒する中国に対し平謝り。「幼稚な選手たちによる失望した行為」としている。

この大会は18歳以下の選手によるものなので、このチームの選手も17,18歳と思われるが

日本のバイトテロを起こす若馬鹿者と同じレベルなのだろう。

バイトテロは企業レベルの損害なのだが、韓国チームは著しく中国人の感情を傷つけ、最悪・最低の民間外交

使節となることが分からない若馬鹿者達である。

セウマル号沈没時の船長の取った態度など今も思い出すが、韓国はその民度を高める努力をすべきだろう。

大統領以下早急に積弊を打破してほしいが、体質化された生活習慣はなかなか治らないのだろうか。