富田林警察署脱走容疑者逮捕人件費

昨日48日目に逮捕された。このため大阪府警は警官3000人を担当させたとのこと。

一人一日1万円の人件費として計算すると

3000人×1万円×48日=14.4億円となる。

興味本位で計算したが、顔も経歴も分かった犯人を捕まえるのにこれほどの費用が掛かるのか!

今更ながら恐れ入る。

大阪府警は色々な不祥事が多い。

もっと本業に傾注してくれないと、納税者は堪らない。

10.7追記

容疑者逮捕の後、「大阪府警OB捜査情報不正入手贈収賄認める」という記事が載っていた。

初公判でOBは裁判長からこの程度(キャバクラ接待・贈賄など計42万円)での漏洩はよくあるという認識か?

と問われ「よくある」と答えた。

この答えはこの程度の贈賄が大阪府警で情報漏洩が蔓延しているように読み取れるようだ。

大阪府警は度々の不祥事を引き起こし、本業でも杜撰さを発揮している。

組織風土を改善するためには、警察庁直轄警察本部として、警察庁に責任をもってもらわなければ

いつまでたっても改善されないのではないか?

府民は税金を納めるだけで、府警はやりたい放題。府知事は直接の指揮権限はないようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0