テーマ:社会

LGBT問題に関する小川栄太郎氏の主張

小川栄太郎氏は文芸評論家とのこと。 新潮45に杉田水脈国会議員が「LBGTは生産性がない」と、戦前の日本帝国の「産めよ殖やせよ」的 主張を新潮45に載せたことに端を発した問題で、小川氏は 「性的少数者(LGBT)が生きずらいなら、痴漢も生きずらい。彼らの触る権利を社会は保障すべきではないか。」 と主張している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三田佳子氏次男の覚醒剤問題

TVを観ていたら37歳の次男が4度目の覚醒剤吸引問題で逮捕されたとのこと。 覚醒剤事件は時々ニュースがあるが、俳優の次男ということでのTV放送なのだろう。 しかし、37歳の大人の事件を、親が何故謝罪しなければならないのだろうか? 甘い育て方の問題があるにせよ、次男は前回3回目の逮捕に引き続き牢屋で臭い飯を何年か …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラの悪いUSAテニス観戦者と選手

大坂選手との決勝戦で、セリーナ選手は審判に意味のない抗議をし、おまけに腹立ちまぎれにラケットをへし折った。 観戦者は大阪選手の優勝にブーイング。 USAは基本的にフェアさを重んじる国柄と思っていたら、統領はならずもの、国民はガラが悪くなっている。 ブーイングしたくなければ、USA国民だけのテニス大会にすればよい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スルガ銀行と東芝はよく似た構図

両社とも無能な経営者が部下を恫喝して、その場凌ぎの経営で見た目を取り繕い 最後は馬脚を露した。 何故社会の公器を潰すのか。 所詮、志なき欲の皮の突っ張った社長しか育たない風土だったんだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組員の人権擁護要求

銀行が資金洗浄などの問題で暴排法上組員の銀行口座を解約させる動きがある。 その際、組員から銀行弁護士に対し「俺たちに人権はないのか」との発言があるそうだ。 暴力団組員の人権擁護要求は、例えば生命の危険などに際し、警察に保護を求めるとか 犯罪で得た金員を盗まれた場合、警察に取り返してもらうとか、いよいよ組の仕事で生活でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市職員労組は不当利得を返還せよ

神戸新聞に、神戸市職員労組役員がヤミ専従していたとの記事があった。 15年以降数千万円の利得を得ていたとのこと。 ヤミ専従とは、一般会社でもよくあることで、経営者が労組を手なずけるために、組合専従役員が 職場で仕事をしていることにして、本来労組が支払うべき給与を会社が支払うこと。 これは労働組合法で禁止されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト不正(過大請求)事件

多くの事業所で引っ越し料金を過大請求していたという第三者委員会報告が出た。 経営者は関与していないとのことだが、 これは自社で行われていることに無知であったということ(ボンクラ経営者)。 多分分かっていたとは言えないからボンクラ経営者の指摘を我慢するしかないのだろう。 ケジメに給与カットするとのことだが、この分は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スルガ銀行会長職はおいしい

単に会長職に在るだけで、ダーティな仕事を部下に任せて巨利を得、その銀行から十数億円を 私的流用した(?)という記事があった。 バレなければ本当においしい仕事で羨ましい限りである。 金融庁さん。 まさか、このために銀行経営が破綻し、公的資金を注入することはないでしょうね!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警察庁長官も当事者意識を持ってください。

富田林逃走事件で、警察庁長官が「住民に不安。極めて遺憾。」と発言した。 府警本部長に対し長官の指揮権があるかどうか分からないが、 府警本部長の人事は長官の職務範囲だろう。 「遺憾である。=残念である」というような他人事を言っている場合ではないでは? 役立たずの本部長の首を切って、有能な人材で事件の解決を図るべきで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国のスポーツ競技団体への指導強化に反対

スポーツ庁が、最近のスポーツ界での不祥事多発に対して、①競技団体のガバナンス向上②選手教育 などの指導を強化すると張り切っている。 もともと、スポーツに税金を投入する意味があるのだろうか?多分国威発揚的観点からの投入なのだろう。 少しばかりの税金を投入したからと、本来私人の行為に対し、張り切るのは如何なものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府警は民間警備会社の力を借りよ!

弁護士接見後の粗暴犯逃亡事件は未解決。もう1週間にもなる。 組織的に弛み切っている大阪府警では手に余るのではないか? 大阪府民だけではなく、全国的な問題になりつつある中で、府警はメンツをかけて 必死だろうが、これだけいろいろな証拠を残す犯人を捕まえられないのでは メンツどころではない。府警のメンツで被害を受けては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊映画「炎の戦線 エルアラメイン」を観て

先日NHK BSで放送された。 イタリヤ学徒志願兵がエジプトでの戦線で経験した話である。 油の混入した水しか供給されず、食べ物は時折カンズメが支給されるのは、監督が 悲惨な戦場を表現しているのだろう。 これを観ていて、全然悲惨感が起こらなかった。 旧帝国陸軍は、現地調達、できなければ自給自足、できなけれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居合道昇段で金銭授受

全日本剣道連盟居合道部門で、昇段試験の際、審査員に金銭渡す習慣が問題になっている。 数百万円の金が動いていると内閣府に訴えがあったらしい。 内閣府が調査を始めたが、調査をするのは、連盟に1000万円支援事業費を出捐しているからのようだ。 茶道では、昇級試験に際し、謝礼をするのは周知の事実ではないだろうか? これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼りない大阪府警:民営化を

拘留中の容疑者が弁護士接見後逃げだした。この容疑者は性交強制未遂や他にも容疑のある粗暴犯である。 周辺住民への周知は9時間後とのこと。しかし、府警としては、やるべきことはやったと恥じ入る 気配もないらしい。管轄下にある部屋で逃げ出したことに反省の色も見えない。 日頃忠実に職務を遂行していると自分勝手に決め込んでいる府警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇族の婚姻

秋篠宮家内親王の婚姻で問題が起こっているようだ。 庶民の婚姻は「両性の合意」が唯一の条件であるが、 皇族となると相手家族のトラブルがあって問題であれば「国民に納得できる」説明が必要とのこと。 この問題で、国民が納得していないという国民は、誰を指すのだろうか?週刊誌をよく読むひとだろうか? 「国民が納得できる」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマト引っ越し料過大請求事件

引っ越し契約に、見積もり物量の事後精算が入っているのに、物量増の場合はヤマトが精算を求め、 減少している場合は、長期間知らぬ顔を決め込んでいた。 詐欺に当たるブラック企業である。 この会社の体質を物語る象徴的な記事があった。 全日本トラック協会が4年前に創設した引っ越し事業者の優良認定制度にヤマトは入っていないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京医科大学の今後:大学への提案

文科省役人への贈賄(子息の入試合格不正支援)大学には23億円の国費(助成金)が投入されているとのこと。 受託収賄罪で牢屋に入れられる可能性のあるこの役人は、この23億円を持参金に、息子を合格させたと思うと 過去分も含めて税金を全額返還するよう文科省は大学に要求すべきだ。 大学の今後の対応につき他人事ながら、考えてみた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京医大は入試要項に記載すべきだった

この大学は収賄事件で問題になっている。 入試要項に①有力OBや貢献官吏などの子弟受験生には点数を嵩上げする。 ②女子受験生は一律10%点数をカットする。 という方針を明記しておけば、何の問題もなかった(官吏の場合は問題かも?)のに 何故隠す必要があったのだろうか? 権限ある理事が私的な利益を得ていたのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大理事長説明責任を求められたが「会見しない」

毎日新聞の記事である。 暴力団組長の記者会見は今までなかったように思う。 暴力大学の理事長も同じ。 大学の名前がふさわしくない大学である。 8.12追記 ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根氏が、日大の客員教授を解任されたとのこと。 この人も暴力系に親和的な人物。 アメフトの監督、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖い暴力大学

日大 I 理事が、アメフト暴力事件で、選手・職員に口封じするため、監督の指示がなかったと説明するよう 暗に要求し、従わないと「日大が総力を挙げて潰しに行く」と発言していたとのこと。 理事長もこの理事もスポーツマン、健全な身体に不健全な魂が宿るのは空言であることは自明。 健全な身体=健全な魂という言葉は全く空しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やはり卑怯・卑劣・嘘つき 内田日大前監督

今回のアメフト暴力事件に関する日大の報告では、内田監督の暴行指示を認めた。 TV会見でおどおどしたコーチの横で、平然としらを切っていた内田氏は、 恐るべき人物であり、この人を大学運営の幹部に任用していた日本大学も おそるべき大学である。 ゴルフの片山慎吾氏もこのような環境で生れた人物なのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーW杯日本チームは終わった。

第3戦逃げの試合について、賛否両論あるが、 世界中のサッカー愛好国から非難を受けるようなことになったようだ。 日本の誇り士(さむらい)精神を貶めたチームが、今後活躍して仮に優勝しても 個人的には何の興味もなく、却って単なる賞金稼ぎのチームに堕してしまったように思う。 (賞金はないのだろうが) このチームに税…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯 ポーランド戦

深夜故TV観戦しなかったが、今朝の新聞ではロシヤ・中国が酷評していた。 日本チームは一次リーグに残るために勝負しなかったことが理由のようだ。 大相撲で14日目に優勝を決めている力士が、まじめに勝負して怪我でもしたら大変だと 千秋楽で気を抜いたようなのが、監督も認めるように見え見えだったのだろう。 確かに、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意気地のない男:屑男

新幹線殺人犯は何故一人で死ねないのだろうか? 生きていく価値がない観念したのなら、海山で人知れず身を始末すればよいものを 無関係の他人様を殺めてどういう意味があるのか? 社会に疎外された仕返しをしたつもりなのだろうか? 象のように仲間から外れて死を待つこともできない、意気地なしの男である。 このような気持悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見苦しい日大監督理事辞任

日大アメフト元監督が日大理事辞任を申し出た。 監督はそもそも、関学との試合での暴行事件で、加害選手への暴行指示否認していた。 何故もっと自己の正当性を主張しないのか! 辞任するなら、自己の主張が誤りであった、自分が暴行を指示したのだと 認めるべきである。 でなければ自分の正当性を貫徹すべきなのに、情けない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーグ戦無敗となりそうな日大アメフト部

今回の暴行事件で、他大学は恐れをなして、今後日大との試合はしないと宣言している。 リーグ戦が始まっても、日大と当たると不戦敗やむなしという大学もあるようだ。 他大学チームが、これに倣うと日大は不戦勝優勝校として 大学アメフット界で不名誉ある歴史を残すことになりそうだ。 元監督も選手との意思疎通の乖離で、想定外の不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大ブランド

昨日の日大アメフト元部長・コーチの記者会見を司会した日大広報職員の評判が悪い。 記者から司会者の態度が悪いので「日大ブランドが落ちる」と非難したが、司会者は「落ちません」と 回答して、失笑されたとのこと。 しかし、記者の方が間違っている。司会者が正しい。 もともと「日大ブランド」なんかは存在しない。いつから日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卑劣・卑怯・嘘つき

TV放送を観ていた訳ではないが、事後の解説では、加害者は監督の指示で暴行したとのこと。 監督は、①当初指示と選手の理解の乖離として、暴行指示を認めず②その後空港での記者会見では 言を左右にして明確な回答を避けた。多分試合の映像があるとは思わなかったのだろう。 監督の暴行指示を鵜呑みにした選手も選手だが、監督は一連の報道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大アメフト暴力被害者

昨日被害者の父が記者会見して、刑事事件として警察に持ち込むという記事があった。 被害者は多分成年なのだから、何故自分で会見しなかったのだろうか? 本人の会見が難しければ、弁護士の傍で補足説明する方がよかったのではないかと思う。 一方加害者は本日3時から記者会見するというが、もし監督に支持されて暴行しただけだという …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴力を振るわないと勝てない日大アメフト部#2

今日の午後日大回答に対し、関学が対応方針で記者会見が開かれる。 日大は記者会見を開いていないが、これは逃げを図るつもりなのだろう。 暴力団が記者会見を開いたという話は聞いたことがない。 事前に監督は「反則は指示していない」と答えているが、暴力を指示していたから発言は間違いないのだろう。 つまり「暴力を振るえ。反則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more