テーマ:政治

説得力不足の米国務長官「中国封じ込め」演説

ポンペオ国務長官は共産党に支配される中国は世界に融和しないとして、NATOやG7参加国などに 共同包囲網を形成するよう呼びかけた。 トランプ氏より前のアメリカの呼びかけなら各国も耳を傾けたかもしれないが、 G7国やNATOもトランプの自国第一主義に振り回されていて、今回の米国呼びかけはいかにも 米国のご都合主義発揮だと嗤っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「行政各部を指揮監督する」能力がなくなった総理は早期辞任する方が国のため。

GO TOトラベルは支離滅裂な状況下で今日からスタートした。 安倍氏は、各大臣に任せっきりで、混乱の収拾に動く素振りも見せていない。 明日から連休ゴルフを楽しむべきところ、批判を懼れてかとりやめたという記事が載っていた。 憲法上の「行政各部を指揮監督する」という大事な仕事に興味がなくなったか、先を見越した 政治屋に好きなようにや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国難対処のため辞任しょう

安倍さん!早く辞めて国難に対処しましょう。 武漢ウイルスへの対処能力欠如が国民の生命を危険にさらすことになりそうだ。 今回のGO TOキャンペインはその最たるものである。 国民の生命よりも観光業者の財布を心配する首相はトランプ先生の真似をしたいのだろうか? 危機管理能力がある政治家に後を任して(例えば大阪府知事や橋本氏)病気を理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GO TOキャンペインについて

武漢ウイルスによる観光業者対策として打ち出されたキャンペインが7月22日から実施される。 音頭をとった政府も、これほど速く、感染拡大するとは思いもしなかったに違いない。 しかし、決めたことを撤回するのは潔しとはしないと愚直に方針を変更しない。 唐突ながら、愚鈍な帝国陸軍が敗戦を認められずに幾百万の国民を犠牲にしたことを思い出した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非効率無気力官僚を育てたのは安倍さんですよ。

武漢ウイルス危機に際し、行政の非効率が明るみに出てきた。 ①マスクがスーパーの棚に並ぶようになっても、未だにアホノマスクが届いていない。 ②マイナンバーカードによる特別定額金支給は、従来の紙ベースによる申請よりも非効率なので この方式を採用しない自治体が続出。マオナポータルの使い勝手の悪さに国民が辟易。 ③補助金の巨額中抜き。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検事総長殿は辞任されるのだろうか?

黒川賭博犯(?)検事長が辞任するにつき、安倍氏は黒川氏の定年延長は法務省の内部で決めたことで あって、俺は知らないよ!と言っている。 とすると、任命責任者は総長殿になるが、未だに本件に関し何のご発言もない。 (安倍氏が勝手にやったのだから、俺は知らないよ!というお考えなのだろうか?) いずれにしても常習賭博犯(?)を後任に選ぼう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍さん。忖度させるだけではなくて、行政の効率化をお願いする。

今回の武漢ウイルス対応で行政の無能さに唖然とした。 1.特別定額給付金10万円の件 ①膨大な税金を投入したマイナーンバーカードが、今回支給に際し、 いよいよその効果を発揮して国民にITによる効率化の効果を示すと期待した。 ところが、マーナポータル申請よりも、従来の紙ベースの申請の方が支給が速く行政の手間もかからないとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大震災という国難に対処した政治家

9日の日経に犬養木堂氏(当時逓信大臣)が国難に対処したことが載っていた。 犬養氏は 「非常時には非常の手段をもって向かわねばならん。従来の法律や因習にとらわれることなく、罹災者の ためになることは何でもやってくれ。他日責任問題になるようなことがあれば、すべて「大臣の指示でやった」と 答えてよろしい。」と役人に訓示し、役人たちは意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ降伏75周年記念日(5/8)におけるドイツ大統領の講演

ヒットラー・ドイツが無条件降伏した記念日にシュタインマイヤー大統領が講演した。 以下その抜粋である。 「我々が歴史から解き放たれることはない。」 「過去を思い起こすことを怠れば未来を失うことになる。」 「(ドイツの歴史は)引き裂かれた歴史だ。」 「引き裂かれた心でしかこの国を愛することはできない。」 「これに耐えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍さん、お辞めになった方が!

安倍氏は最長期の政権であるが、真の国難「武漢ウイルス」には適切ではない判断が多すぎる。 ①周氏来日に遠慮してか、ウイルス蔓延前に中国観光客の入国を排除せず、大切な初期消火の機会を逃した。 ②400百億円の国税を投入して国民に2枚のマスクを支給すると見得を切ったが、粗悪品多発、いまだに供給されていない。 すなわち国税を無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志なき大臣たち

武漢ウイルス事件で、高い評価を得ている知事がいて心強い。 今日の日経では①大阪府吉村知事②東京都小池知事の順に評価が高くなっている。 この評価を盛り上げているのがウイルスで毎日のようにTVに出てくる大臣である。 西村経済再生担当相は、対策解除の大阪基準に対し、吉村知事が誤解していると非難しているが、 その論旨は分かりにくい。地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死んだのは俺のことかと正恩氏

CNNニュースが金氏の死亡説を流し、トランプ氏も思わせぶりにこれに言及。 北朝鮮から亡命した韓国議員が死亡を確定的に伝えた。 しかし金氏は5月1日に何かの竣工式に出席しその健在ぶりをアピールしたとのこと。 北朝鮮の政治体制を快く思わない者達を高嗤いしているに違いない。 これが4月1日のCNNニュースだったら大うけするのだが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の指導力

①素人でも緊急宣言の全国への対象地域拡大の必要性は当初から分かっていた。②収入の減った人への30万円支給が急に一人10万円になった。 大丈夫ですか?国難という言葉が好きな安倍首相は、消費税増税の延期に単に言葉を利用するだけで真の国難に当たっては 泥縄式の対応しかできていない。 まさに国難に瀕しているのに、このような頼りないリーダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス対策でゴルフ場が休業になっていない理由(笑い)?

先日打ちっぱなし練習場に出かけたら、ウイルス対策で休業しているとの貼り紙があった。 一方ゴルフ場の休業は当県ではないようだ。 練習場での受付・練習・食事はゴルフ場でも同じで、練習場はコース・風呂がないだけである。 何故だろうかと思い当たったのは安倍氏がゴルフ好きであることだ。 厚生省のお役人も人の子。政権への忖度意識がしみ込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス対策は都府県知事連合に任せよ

国は対策に及び腰のようだ。 遅きに失した宣言、居酒屋・理髪店には休業を求めない。京都府・愛知県知事などの宣言対象地域へ追加参入などまだその時期にあらずと拒否している。拒否して当該地域に蔓延したらどのような責任を取るのか。政権はもたないだろう。 経済的負担が気になるらしい。 国家予算で大判振る舞い、消費財増税の2度延期など、後世代へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は大国か小国か?

武漢ウイルス源を中国外交報道官は「米軍が持ち込んだ」とツイッターに流した。 中国は監視社会で、国家に有害なツイッターは直ちに削除されるのが常だが、このツイッターは 一週間ほど放置され、最近この報道官は謝罪なく、発言の根拠にも触れず、 「米国政治家が中国に汚名を着せたことのお返しだ」と発言したとのこと。 中国は、このツイッター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言と経済対策108兆円

1.緊急事態宣言は野党党首も非難していたように、遅すぎた。 安倍首相は、日本国は「神の国」であるから、武漢ウイルスが蔓延する他国のようにはならない と昨日まで思っていたのだろうか? この種対策は速ければ速い程、効果があるし対策費も少なくて済む。台湾が、北海道がその例である。 安倍首相ら幹部はコロナも、戦前の帝国幹部のように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米官僚の志操の違い

日本では「桜を観る会」米国では「ウクライナ問題」と首相、大統領が非難されている。 米国ではトランプ氏に選任された大使などの官僚が、臆することもなく事実を説明している。 偽証罪に問われるからということもあるが、堂々として立派である。 これに引き換え我が国の官僚は官僚と呼ぶのに値せず、吏員と呼ぶべきだろう。 国民の代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判官も人の子?一票の格差

7月参院選で格差が最大3.00倍だった格差訴訟(選挙無効の訴訟)で、高裁レベルで今日現在11件の判決があり、11判決中9判決が合憲、2判決が 違憲状態とのこと。 国民の政治的権利が3倍もの格差あることが、平等ではないということが小学生でも分かるのに、やはり裁判官も人の子。 国民に小学生以下の知能レベルと言われても自己保身の忖度が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓軍事情報協定(Gsomia)について

韓国に協定の更新を止めるという動きがあるようだ。 高麗連邦樹立を悲願としている韓国との軍事情報協定は我が国に役立っているのだろうか? 韓国艦艇からの自衛隊哨戒機に対するレーダー照射にみられるように、すでに韓国は我が国を仮想敵国と 見做しているように思える今、我が国の重要軍事情報が韓国経由金氏朝鮮に流れてはいないのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗戦記念日に靖国を思う

今日8月15日は大日本帝国が戦いに負けた記念日である。 例年のことながら何某国会議員が参拝した、玉串を奉奠したというニュースが放送された。 A級戦犯が合祀された時点以降昭和天皇は参拝を取りやめたとのこと。 確かに戦死したら「靖国で会おう」と友達と語り合った将士にとって、途中から、開戦した折の首脳、まして 「生きて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なまりある英語」を揶揄:トランプ氏

トランプ氏が我が国安倍氏と韓国文氏が「なまりある英語」を話したと揶揄したとのこと。 米国の大統領もレベルが低くなってきたものだ。 できるだけ英語で対応しようとした日韓首脳に対し、いじめ小学生のように揶揄するとは品性が下品である。 (もともと下品なのはわかっていたが) 腕力が強いだけとなってしまった米国は世界の嫌わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一線を越えたのは貴国の方が先ですよ!

今回日本の韓国ホワイト国指定解除について韓国首相は「日本が一線を越えた」と発言した。 日本では韓国が一線を越えたのは、韓国艦艇が我が国哨戒機にレーダーを照射して威嚇した時ではないだろうか? (日本国大使館前に慰安婦像を設置した時かも?) その際の韓国対応は無礼千万で大韓民国大統領の表現を借りれば 「盗人猛々しい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最早友好国ではない?

韓国では今回ホワイト国指定解除を契機に我が国は「最早友好国ではない」と断じているそうだ。 自衛隊機に対する韓国艦艇からのレーダー照射事件以来、日本は韓国の友好国ではなくなって、 韓国の友好国は同一民族の北朝鮮民主主義人民共和国であると解していたので 今更何を言っているのかと思う。民主的な人民のための金氏朝鮮との悲願の統…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米国ポンペオ長官の日韓問題据え置き協定案は無視せよ

日韓仲違いは米国の利益にならないのは明らか。暫く停戦せよというのは米国のご都合主義、韓国には好都合である。 しかし、米国は慰安婦問題などで日本が我慢している折は、知らぬ顔をしていて、衝突が起こると乗り出してくるとは 如何にもご都合主義である。 もともと慰安婦問題などは国際司法裁判で解決すべきを、トランプの真似をしたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが政治家か?N国党立花氏と丸山議員

北方領土問題で戦争にによる解決はどうかと発言し、維新の会を追われ、国会議員辞職勧告を受けた丸山氏を N国党代表立花氏が党に迎え入れたとのこと。 レベルの低い連中が集まって何をするのだろうか? 志とか志操・思想から離れた連中に国費を投じることが空しい気がする。 政治は何でもありである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍腹話術師の人形萩生田幹事長代行

萩生田氏が「憲法改正論議が進まない場合の対応で、改憲シフトの一環として衆議院議長を交代する可能性に触れたとのこと。」 この方の発言は安倍氏が言い難いことを代弁させているように思える。 安倍氏は萩生田氏の発言で周囲や国民、マスコミの反応を見極めて諸事の対応を決めているようだ。 前回選挙の折も消費税増税を延期して衆参同時選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルムズ海峡自衛艦派遣はならず者に手を貸す行為だ

米国がイランを虐めている紛争が引き起こす船舶攻撃への危険を、船舶運航国が自力で守れということに 協力するのは、ならず者に協力するのと同じだ。 米国がイラン虐めをやめればよいだけの話である。 米国がならず者国家に変質してしまった今、できることは欧州と連携して米国にその非を咎めるべきである。 ならず者に味方して戦争に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルムズ海峡問題有志連合について

もともとイランと欧米が結んだ核合意が気に入らないと勝手に脱退したアメリカの所為で、アメリカに意地悪されながらも合意を順守している イランが少し拗ねている様子を見せると、有志連合でイランをやっつけようとしているアメリカには、大義はないことは明らかだ。 次回選挙でイスラエルに賛同する国内キリスト教徒に迎合して票を獲得したいだけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプの帰る国は、ドイツかスコットランドか?

トランプの父は、1885年ドイツから、母は1930年スコットランドからの米国移民とのことだ。 トランプに批判的な民主党議員は母国に帰れとわめいているそうだが、いずれ選挙で負ければ政権を強烈に批判するだろう。 その際は、自らの主張に従い、すごすごとドイツか、英国に帰るのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more