テーマ:散策

薔薇(18.5.14)

須磨浦離宮公園の薔薇が満開となった。 多種の薔薇に、それぞれ名前が付けられていて「モナコ王妃」「モナコ王」「モナコ王女」(フランス語) とか「ダイアナ妃」という種類もあったが、モナコ妃薔薇が一番気に入った。 モナコ妃名 付けし薔薇咲く 須磨離宮 須磨離宮 モナコ妃名ある 薔薇ありき
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山笑う

早緑季節となった。近所の桜の花もも殆ど残っておらず、今日の強風で前に一片の花びらが落ちて来た。 「残り花 一片(ひとひら)舞(まい)て 山笑う」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石城公園観桜(2018.4.2)

朝の用事をし終えて、久しぶりに明石城を訪れた。 好天の下桜満開。ソメイヨシノの老木が相変わらず頑張っていた。 土手に上って間近に花びらを観ていて西行の歌を思い出した。 「吉野山 こずゑの花を 見し日より  心は身にも 添はずなりにき」 ここ数日の観桜に歩き回り、疲労が溜まったのか、間近の桜に心が浮遊していくような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夙川観桜(2018.3.31)

夙川の観桜に出掛けた 阪神香櫨園駅ー北夙川橋ー阪急夙川駅 媼問い ミツバツツジと お答えす
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪柳と木蓮

「ステンドの グラスに映えし 木蓮や」 「木蓮や 先にステンド グラス見ゆ」 「雪柳 その色競う 木蓮や」 「老残を 恥じて出ざりし 同期会」 「去年(こぞ)鳴きし 鶯いずく 行きにけむ」 「彼の人の 木蓮愛ずる 夢を見し」 「固陋なる 身を如何にせん 術(すべ)もなく せめて桜に 憂さを静めん」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more