テーマ:日記

夏越しの祓

今日は今年の前半の終わりの日。 豪雨の中、近所の元郷社に参詣した。 茅の輪がしつらえており、作法に従い半年の汚れを祓い茅の輪をくぐった。 「水無月の 夏越しの祓 する人は 千歳の命 延ぶと言うなり」 という歌を口ずさみ茅の輪を8の字にくぐる。 ご先祖様も同じ思いでくぐったのだろうか? 豪雨の中古い意識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮(18.5.29)

洛北の離宮を訪れた。曇天。 後水尾上皇が造営、1659年完成した山荘。遠く京の街を望む地。 田圃が借景となっており、今も近くの農家の方が稲作を営んでいる。 借景使用ながら国有財産につき農家からは借地料を徴収しているとの説明があった。 (そのうち、借地料まで払って営農する人もいなくなるのでは?) 後水尾上皇は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠臣蔵

TVチャンネルを触っていたら、突然侍姿の長谷川和夫が現れた。大石内蔵助役を演じる 忠臣蔵だった。 何時もなら古い時代劇はすぐ切ってしまうのだが、師走故か何となく数分観るつもりが、 とうとう最後まで観てしまった。 仇討ちの秘密保持のため、父母にも亡主君の妻にも明かせず、不忠者扱いにされながらも 本懐を遂げると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉(17.11.17金)

晴れ。JR嵐山駅から常寂光寺と思われる辺りに遠く紅葉が望まれる。 途中昨年訪れた宝筐院に寄った。昨年は見頃であったが、時期的に少し早かったようだ。 この寺は嵐山の中心から少し離れているのか、入場者が少なく静かに観賞できた。 いよいよ何年振りかの常寂光寺。丁度見頃で同行者に面目を施した。 中門茅葺の屋根の苔と紅葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森林植物園(17.11.12)

10時半ころ着。晴天・日曜日・紅葉見頃とあって駐車場は8割程詰まっていた。 但し、余裕のある駐車場で有難い。 木々の紅葉・黄葉は素晴らしかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP11大筋合意を喜ぶ

カナダの異見で最後まで揉めた交渉が大筋合意に達したとのニュースが入った。 アメリカが離脱した後、わが国が必死に自由貿易を進展させようと努力した甲斐があった。 今までアメリカ追随で、独自性のない外交であったが、ようやくアメリカの離脱後をまとめるという ことができるようになったのは感慨深いものがある。 これが自信とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都国宝展・毘沙門堂(17年11月10日金曜日)

国立博物館で展示中の「金印」を観に行った。 京都駅発の同館方面行バスは待ち行列約100メートル。博物館入館時も長蛇の列、入るのに40分ほどかかった。 更に3階で展示中の「金印」待ち行列も1階から長蛇。これにも30分程要した。 後で分かったのだが、列に並ぶのは、金印の裏面を近くで見られるというだけで、それも急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正倉院展・中宮寺(11月6日)

秋晴れ。 〇奈良国立博物館には10時に着いた。 今年も列に並ぶ覚悟をしていたが、早かったのか待つことなく入館した。 一番目の展示品は羊を写したろうけつ染めの屏風。 聖武天皇愛用の八角鏡、大理石製笛、水瓶などに興味を引かれた。 何時も感心するのは、写経や戸籍の展示物。圧倒的な中国文化を受け入れて緻密な漢文を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017.6.10蛍観賞

蛍ツァーで県央山中谷沿いの川縁へ出かけた。 よく整備された歩道越しに蛍の飛び交うのを眺めた。 ツアーバスが訪れるだけあって、大勢の観賞者が声を出し、所々にスマホの光が点滅、写真を撮る光で 平安歌人のように、自分の魂が抜け出て、さ迷うようなしみじみとした気分にはなれなかった。 子供の頃蚊帳を吊った部屋にさ迷う蛍を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月4日(木)六甲山ハイク

快晴。連休中とあって沢山のグループを見かけた。早緑も少し濃くなって来た。 コースは、①布引の滝②見晴らし台③布引貯水池④市ケ原⑤蛇谷道⑥再度公園⑦大竜寺 以降は市ヶ原経由 往路を戻った。 ①布引の滝 ②見晴らし台よりの神戸港 ③布引貯水池 ④市ヶ原 ⑥再度公園(以前よりも水量が減っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月(皐月)

「若葉して 御眼のしずく ぬぐはばや」 芭蕉  「あらとふと 青葉若葉の 日の光」 芭蕉 「春過ぎて 夏来るらし 白妙の 衣干したり 天の香具山」 持統天皇(天武天皇の娘) 「采女(うねめ)らの 袖吹き返す飛鳥風 都を遠み(遠いので) 徒(いたずら)に吹く」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017.4.16(日)大阪造幣局観桜

大阪城北詰ー造幣局ー桜の宮 初めての造幣局観桜。最後の休日、好天もあって、まさに通り抜け。 人の流れが急で続きゆっくり観られる状況にはなかった。 桜は多種多様。ボタン桜が多い。薄緑の花は初見。 平日の朝は比較的空いているとのこと。帰路桜の宮までの途中で、競艇あり、対岸の桜と 競艇に見いった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017.4.14(金)京都観桜

上賀茂神社ー鴨川縁ー御所 観桜には絶好のお天気。上賀茂神社斎王桜は7分咲き。 上賀茂神社 斎王桜 ゆめうつつ 斎王花の 吹雪く宵 ゆめかとも うつつかとみる かみがもの あさひにふぶく さくらさいおう 御所桜 ゆめうつつ 御所桜散る 今宵かな 鴨川縁(早緑匂う岸の色) 早緑の 匂う岸辺や 三歳過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017.4.9(日)曇天の京都観桜

嵐山ー大龍寺ー山科疏水ー毘沙門堂ー岡崎疏水ー青蓮院ー知恩院ー円山公園ー高台寺ー鴨川ー高瀬川 1.嵐山 2.大龍寺:躑躅も咲いていた。南朝後醍醐天皇所縁の寺。 3.山科疏水:桜、菜の花、疏水の3セット。 4.毘沙門堂 5.岡崎疏水:花筏 5.青蓮院 6.知恩院 7.円山公園 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北野天満宮・城南宮

○北野天満宮 行きは北大路からバス。帰りは天満宮から今出川。 平日なのでバス・天満宮は空いていた。寒の戻りで寒く帰りの天満宮前バス停では吹雪となった。 但し、観梅中は陽が射した。 「梅見終え にわかに吹雪く 天満宮」 「梅見終え 食待つ列に にわか雪」 「異教なれど 孫に求めし 受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市博物館「古代ギリシャ展」

半世紀前に仕事で関係のあった東京銀行神戸支店の建物を活用した博物館を訪れた。 古代ギリシャの壺、像、武具、装飾品、フレスコ画などが展示されていた。 ギリシャ古代の彫刻は端正なミロのビーナスとは違ってアルカイック・スマイルを浮かべていて、我が国飛鳥寺の古仏も 同じなので親近感を覚えた。この頃の文化は我が国と変わらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪城梅園

2月28日何年かぶりに訪れた。 駅では降車客が多かったが、大阪城公園ホールで催される演歌公演の観客のようで 梅園は平日故か、少し時期が早かったのか比較的空いていた。 JR梅便りでは満開表示だったが、15年程前に最初訪れた華麗さには及ばず残念。 しかし、好天に恵まれ春の訪れに心ときめくものがあった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も蝋梅が咲いた

今か今かと待ちかねた蝋梅が咲き始めた。昨日は見落としたので今日か昨日か?(10日開花だった) いずれにしても愈々春が近いように思える。 「我が庭に 千代に咲くべし 蝋梅や」(閑吟集の真似) 「この年も 蝋梅咲くや 有り難し」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の寺の追儺式

久し振りに真言宗S寺の追儺式を観に行った。 式次第は以前と変わらず嬉しい。檀家300程を抱えるお寺と聞いた。 世話役の方々から大根・蒟蒻の田楽を振舞っていただき美味しかった。 最後に餅まきがあり、少年がこちらの望みを受けて帽子に入れてくれたのも その優しさに嬉しく思った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗振山ー多井の畑厄神

3日新年恒例の多井の畑厄神参拝ハイク。 今年の3賀日は暖かい好天に恵まれた。3日も山上では急に曇、北風が強くなって来たが、 降りると風も止んだ。 山頂では、東から神戸市街ー大坂湾ー紀淡海峡ー淡路島ー播磨灘を一望。 高倉山・神戸国際高校を経由して多井の畑厄神へ。 厄神はこの地の氏神なのか、大勢の参拝者が列をな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more