自立心ゼロの元次官長男

死者に鞭打つのはよくないが、父により殺害された元次官長男(44)は

「俺の人生は何なんだ」と言っていたとのこと。

経済的に恵まれ、次官まで出世した父を誇りにしながら、母親に暴力を振るうことに快感を覚えていたそうだ。

おそらく自分の食い扶持を稼いだこともなく、周囲に迷惑を振りまいた人生は別に

自問しなくてもよく分かるはず。

「何なんだ」という言葉に他人に対する甘えの気持ちがよく出ている。全く自立心がなくて弱い男である。

答えは「君の人生はクズだった。」

このような精神的糖尿病に罹った人が多くなったのは必要以上に弱者を保護する社会風潮のような気がする。

「おしん」から見たらあほな男で終わるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0