元号は天皇が決めるべきだ

本日新元号が発表される。

ここ数日新聞では決定過程の説明が詳しく解説されているが、何となく違和感があった。

多分天皇と元号は一体であるべきだという感覚のせいなのだろう。

天皇が元号を決めることは、天皇の憲法の国政に関与に当たるという政府見解で元号は政府が決めるという

ことだが、元号決定は国政に関することなのだろうか?

退位という事柄は国政に関することは明白だが、事実上天皇の意思で法律が変わったのだから、

それよりも国政に関する度合いが低いか、ないに等しい元号は天皇が決めた方が、

有難みを感じることができるのはないだろうか?

安倍氏の新元号に込めた想いを聞く気にもならない4月1日朝である。