東京医大入試改革案

公表された入試要項と異なる運用をしていた東京医大は多数の入試要項と異なる合格者を出していた。

東京医大は私学であるから、どのような運用をしょうと国からとやかく言われる筋合いはないはずだが、

少しばかりの補助金を受けていたから問題にされた。

今後の入試要項を次のようにすればよいのではないかと考えてみた。

①少しばかりの補助金は受けない。

これにより国の容喙を排除する。

②特別枠を公表する。

ア、文科相高級官吏子弟枠、イ、代議士推薦子弟枠、ウ、5千万円寄付者子弟枠 エ、男子受験生優先枠

などなど

ア~ウは大学に何らかの寄与をしているわけだから当然である。入試は当然無意味なので無試験入学とする。

エ、は医学部運営のため。

非難されていたのは、補助金を受けるため公正を装いながら裏で不公正なことをしていたからである。

東京医大に今後の参考にしていただきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0