暗殺(明殺?)の巧拙

今回サウジアラビヤ・ジャーナリスト殺害(?)事件は実に稚拙と思われる。

(殺害は当然悪であり、これは技術の巧拙の印象を書いている。)

事件現場が録音されていたり、王室警護の人物が現場に入ったような写真があったり。

巧なのは①ロシヤ(英国で元諜報員に薬を盛った。)②北朝鮮(TVドラマ出演を仄めかして他国女性を

殺人者に仕立てた)③中国(獄中反政府小説家の持病を手当てせず。)の順ではないか?

サウジの殺人は明殺に近い。よほど殺人が日常化しているかのようだ。

それぞれ、その技術に国の持ち味があるようにも思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)