靖国神社宮司退任

会議での不穏当な発言が外部に漏れ、当該宮司が宮内庁に陳謝し退任の意向を伝えたという記事が

毎日新聞デジタルに載っていた。

発言の内容は天皇に関することのようだが、何故宮内庁に行ったのかよく分からない。

国(宮内庁)が神社を管理することは憲法で禁じられており、宮内庁は門前払いをすべきなのに

受け入れたのだろうか?

宮司はマスコミなどを通じて天皇に謝罪すべきなのだろう。

この宮司と宮内庁は何を勘違いしているのだろう。

よく分からないことが多くなった。

追記

よくよく考えてみると、宮司は天皇への謝罪の取次ぎを宮内庁に依頼したということなのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0