富田林署関係者処分だけ?

今回富田林署から逃走した事件で府警本部は富田林署関係者を懲戒処分した。

スマホ中毒の署員が関係者であったりして、目を覆いたくなるような署員の体たらくだ。

しかし、目を覆いたくなる大阪府警の体たらくは今に始まったことではない。

東北派遣署員が現地で親しくなった女性を殺害したり、接待を受けてOBに捜査情報を漏らしたりする事件など

2,3か月に一度は発生している気がする。統計を知りたいものだ。

要するに弛んでいる組織ではないだろうか?

組織風土の責任はTOPがとるべきで、モグラ叩きでで事が済んだと思う組織TOPにも問題がある。

エリート幹部は傷がつかないようにいずれ配置転換されるのだろうが、抜本的な荒療治をやらない限り

弛んだままに終わるのではないか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)