老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の醇風:談合・八百長・特採・天下り

<<   作成日時 : 2017/12/12 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大林組の談合問題が大きく報じられている。

西欧的な判断では、談合が公共の利益に反するとして処罰の対象になっており、日本も

これに倣っている。

大林組が何度も談合事件を起こすのは、会社体質になっていて、TOP以下が談合を少しも悪いこととは

認識していないからだろう。

社会の非難も厳しくもないような気がする。

日本は聖徳太子以来、和の精神に磨きをかけてきた。

その象徴が談合であり、これに類するものとして、八百長・特採・天下りがある。

あまり世界に誇るべきことではないので、寿司のように世界語にはなりえないのだろうが

日本の隠れた醇風美俗ではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
日本の醇風:談合・八百長・特採・天下り 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる