老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS インパール作戦と東芝

<<   作成日時 : 2017/12/11 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨晩NHK TVでインパール作戦についての放送があった。

太平洋戦争末期に戦局挽回のためにビルマで起こした作戦で、最愚劣な将軍の下

(この将軍の上にも最愚劣な指導者達がいたが)、3万人もの将兵が戦死・餓死・病死した作戦である。

これを観ていて東芝崩壊の有様とよく似ていることに気付き、70年以上経っても、わが国は変わらないなと

暗然とした。

補給を無視し、大和魂ですべての弱点を補強できるとした将軍の威圧に、合理的思考をする部下が

左遷されて悲劇を招いたのは、東芝がチャレンジを怒号する社長の下、経理数値を改竄しながら

崩壊していく有様とおなじである。

この開祖社長が経団連の会長を目されたらしいが、経団連も、この国のエリート教育を

何とかしないと、経済でも敗北することを自覚すべきである。

日本人経営者よりも、日産におけるフランス人、シャープにおける台湾人などの指導者の方が

指導者として立派であることに経団連は気付かねばならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
インパール作戦と東芝 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる