老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国大使は恨民の信任状が必要だ。

<<   作成日時 : 2017/12/28 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

慰安婦問題で意味不明の言辞を弄する韓(恨)国を見ていて、

この国の大使はすべて赴任国に対し、恨民の信任状を相手国に提出する必要がある国

だと思った。

恨民の承認がなければ、外務大臣はいつでも国家間の約束事を弊履の如く打ち捨てることが

できると思っている。

ただ、韓国は恨民の信任状をどうやって手にするのだろうか?

逐一国民投票することしかないだろう。

独立して70年以上になるのに、いまだに李氏朝鮮時代の朝貢外交レベルでいささか唖然とする。

黙殺するに値する国である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国大使は恨民の信任状が必要だ。 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる