老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 忠臣蔵

<<   作成日時 : 2017/12/17 09:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TVチャンネルを触っていたら、突然侍姿の長谷川和夫が現れた。大石内蔵助役を演じる

忠臣蔵だった。

何時もなら古い時代劇はすぐ切ってしまうのだが、師走故か何となく数分観るつもりが、

とうとう最後まで観てしまった。

仇討ちの秘密保持のため、父母にも亡主君の妻にも明かせず、不忠者扱いにされながらも

本懐を遂げるという場面に急に目頭が熱くなり、我ながら驚いた。

少年の頃の感覚古層が今も残っているとは思わなかったからだ。

勿論君に忠という意識は完全に消えているが、何故か古い義理人情的感情は残っているらしい。

こういう演技は今ははやらない。加齢による感動かも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
忠臣蔵 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる