老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊勢崎市立小中学校滞納給食費

<<   作成日時 : 2017/11/02 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

同市の教育委員会が「滞納84百万円の給食費回収を弁護士事務所に委託する。最高120万円を

滞納している世帯もある。」という記事が載っていた。

何故このように滞納する親の子に給食をさせるのかと教育委員会の対応が問題であると思った。

子どもに無銭飲食ができると思わせるのは教育的ではない。

生活保護受給世帯でも給食費は保護費の範囲に入っていると思うので、

親はそれを他の使途に充てているだけだ。教育委員会が新聞などに問題視されるのを恐れて

穏便な処置をしているツケが、全額支払っている親や、税金を文句も言わず払っている市民に

まわっているだけなのだ。

何よりも子が無銭飲食が権利だと思うことが恐ろしい。

でなければ教師が自分の給与から給食費を払ってやればよい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊勢崎市立小中学校滞納給食費 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる