老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 野党は方針を変更すべき。

<<   作成日時 : 2017/11/28 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国会中継を見ていると、野党は相変わらず「もりかけ」問題で安倍氏を非難することに熱心だ。

この問題は私見では、黒に近いとは思うが、これを争った選挙で野党は大敗した。

これは政権の信を問うというよりも、頼りない野党に国民が愛想をつかしたことによる。

野党は信を問うよりも、与党より如何に野党が信頼できる党かということを国民に

訴える方針に切り替えるべきである。

残念ながら、今の政治レベルは、孔子の「信なくんば立たず」のレベル以下であることが

この前の選挙で明らかにされたのである。

ゲリラ戦よりも堂々の議論ができる野党にならないと、万年野党である。




これとは別に与党の答弁を聞いていると到底若者に聞かせたくない言辞を弄する政治家・官僚がいる。

苦し紛れの詭弁以下の黒を白という言辞で、英語に訳すとどういう表現になるのか?堪えがたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野党は方針を変更すべき。 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる