老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 財政均衡に関する安部氏の本心

<<   作成日時 : 2017/09/28 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長期政権となると公約と政権の行動様式のずれが明白になる。

安倍氏は財政均衡を重々しく発言はすることはあるが、実際行動はこれをないがしろにしてきた。

選挙の時期ではないときは均衡が大切だと発言して見識ある政治家らしく振舞う。

選挙となると、見識をかなぐり捨てて大衆迎合施策を新しい方針として打ち出す。

今回は、消費税増税で借金返済にまわす部分を教育財源に転用する施策を打ち出した。

安倍政権が続けば教育無償化は実現させて赤字を肥大化、さらに

次の次の選挙では景気対策として増税を再々再延期するのだろう。

これを、新しい新しい新しい施策として打ち出すだろう。

安倍氏は外交・安全保障で大きな力量を発揮している。

むしろ外務大臣として務めてもらって首相は他に総合力のある方に替わってもらったほうが

よいのではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
財政均衡に関する安部氏の本心 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる