老生の由無き言

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治家の引退時期

<<   作成日時 : 2017/08/31 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某副総理は「いくら動機が正しくても何百万人殺したヒットラーはやはり駄目だ。」と発言した由。

この人はヒットラーを尊敬しているいるようで発言を取り消すのはこれで2回目。

ヒットラーの正しい動機は何だったのか説明して欲しい。

漫画の読みすぎなのか、祖父の教養とはかけ離れた不肖の孫のようだ。

政治家も加齢とともに、漫画で感動した思いだけが残る。

政治家の目標とする首相になったのだから、引退して後輩に道を譲る方がよいと思う。

いつまでも呆け老人が権力にしがみつくのは、見苦しく国益にならない。

象が静かに仲間から外れて死を迎えるように身を処していくべきだ。

〇9月3日追記

今朝新聞に、またまた祭りの参加者を「きちがい」と表現したという記事があった。

多分年齢的に、大半の人がなる精神的病気が始まっているのではないか?

はやく退陣した方がよい。国のために。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
政治家の引退時期 老生の由無き言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる